症例実績

出来るだけ自分の歯を残して治したい

 
審美歯科の症例 審美歯科の症例

28才男性

【お悩み・ご要望】
初めてパパになりました。今後、子供のためにも頑張らなくてはと思い、歯を治す決心をしました。当初、インプラントを宣伝している歯科に行きましたが、7本の歯を抜いて5本のインプラントをすると言われました。自分がまだ若いということもあり、出来るだけ自分の歯を残して治したい。

【診療方針】
検査の結果、親知らずを1本と大臼歯を2本抜歯して、あとは残すことが可能とわかりました。今ではなんの心配もなく御飯を食べられるようになり、バリバリ仕事に専念出来るようになりました。Pさんは健康な自分の歯があるということがどれほどすばらしいことか実感されました。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 尾張旭や名古屋市で審美歯科ならホーカベ歯科クリニック

問い合わせ電話番号:0561-54-5152