歯周病を治して健康に美しくなる

歯周病の人の歯並びが放置されている現実


歯科の中で中度以上の歯周病の人の歯列矯正は禁忌とされている。しかしそれは歯周病の治し方を
知らないか、通常一度も行なっていない歯科医のもとではということであろう。
そもそも歯周病の患者に本気で取り組んで治していこうという歯科医が少ないことも事実。ましてや矯正医では
なおさらのこと。するとどうなるか、歯周病になって歯がぐらぐら動いてきて本来あった位置を
はずれて、伸びたりねじれたり、あるいは抜け落ちたりして歯並びも悪くなり、外観的にも、また噛むということさえ
うまくできない状態になる。一般歯科に行ったら全部歯を抜いて入れ歯にするしかないと言われたそうです。
まだ42歳の女性にとって、それは受け入れられることではありませんでした。
歯周病の治療とご本人の徹底的なセルフケアの実行の結果、歯周炎や歯の動揺が
治まり、歯列矯正を行なえるまでになりました。矯正中もご本人の徹底したセルフケアとクリニックにおける
パーフェクトペリオメンテナンスは欠かせません。2年かかりましたがご本人も満足のいく結果が得られました。
無抜歯、無形成修復で外観的にも改善されました。歯周病がひどくてもあきらめる必要はありません。
身体の治癒力を軽んじてはもったいないということでもあるのです。
ホーカベ歯科クリニック    波々伯部重俊


       ⇩  

 
 




⇩⇩⇩
   
     











このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 尾張旭や名古屋市で審美歯科ならホーカベ歯科クリニック

問い合わせ電話番号:0561-54-5152