歯科医療の進むべき道とは?

2014年11月18日 火曜日

歯周病の多い国・・・日本

歯周病になっている人が多い国・・・日本
10代から成人全般の日本人が歯周病(軽い歯肉炎から重症歯周炎まで)にかかっている比率は90%以上という統計があります。今あなたがいるオフィスや学校の自分の周りの人の中にも間違いなく歯周病になっている人がいるのです。あの人ひょっとして歯周病ではないかしら。「あの人と話ししていると口が臭くて・・」と思い当たることはありませんか。苦痛に感じる程の症状が出てくるのは何年或は何十年もたってからです。でもその時にはもう大分病気が進行していて二度と元には戻らない状態になってしまいます。歯が抜け落ちる最短距離を走っている方たちです。歳が若いうちに歯周病にならないための正しい知識と予防法を知っておくべきです。そうすれば歯周病で悩むことはありません。すでに歯周病になっている方でもその段階に応じた適切な治療を行ない、予防技術の習得を生活習慣の中に取り入れることが出来れば頑固な歯周病もコントロールできるのです。ホーカベ歯科クリニックの「パーフェクトペリオシステム」はそんな歯周病の治療と予防に大変効果的です。ホーカベ歯科クリニックでは30年以上前から歯の治療でこられた方でも、すぐに歯の治療は行いません(緊急治療は別)。予防のことを先におこないます。正しくプラークを取る技術とその習慣化です。これがある程度出来るようになって初めて歯の治療や、修復、矯正を始めます。このスタイルは今も変わりません。世の中には一般的な規制や、制度よりも「自由」の中にこそ優れたものが多く存在します。医師というプロフェッショナル職業は規制や制度を守ることが大事なのではありません。プロフェッショナル職業の使命と責任を果たすことが最も大事です。それができるのは自分に対する強い「良心の自由」の存在ですたとえばこれをすることが患者さんのために、あるいは病気を治すために、健康になるために必要なことであれば自分の良心を信じて行う勇気です。ムシ歯修復やインプラントに熱中している間は日本から歯周病を減らすことは難しいと言わざるを得ません。
ホーカベ歯科クリニック  波々伯部重俊

投稿者 ホーカベ歯科クリニック

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
問い合わせ電話番号:0561-54-5152