歯科医療の進むべき道とは?

2015年1月14日 水曜日

充実した健康生活(クオリティー・オブ・ライフ)を手に入れよう。

クオリティー・オブ・ライフ・・それは健康であることを常に希求し、具体的な行動に結びつけられる人のみに
約束された充実の世界。

病気になる前に目標設定を!

★病気になって、初めて健康であった頃の充実した生活を思い起こすことがあります。
歯も同じです。ムシ歯や、歯周病で何年も何度も通院した結果いつしか歯が無くなってしまい、歯のはたらきの大切さに目覚めるのです。
★「いくらお金がかかってもいいからしっかりとものを噛めるようにしてください」
「このままでは、恥ずかしくて人前にも出られないので、なんとかしてください」
患者さんの訴えには、切実なものがあります。しかしたとえどんな方法で歯を入れたとしてもしょせんは人工の歯、
天然の歯にはとうていかないません。人間の歯は元来、病気にならず、歯並びも噛み合せも良いならば100年ぐらいは持つようにできているのです。人の健康寿命と同じです。歯も健康であれば永く保つものなのです。
歯をほんとうにに永く保たせようと思えば、歯科医と患者さんが共に歯の病気と真剣に対峙する姿勢、また歯の健康を患者さんと一緒につくり守っていく歯科の医師としての姿勢がもっとも大事です。
過去日本では職人的歯科医(Dentist)が大半を占めていました。いわゆる歯の修復師です。健康や予防はあまり考えず、歯を削って、つめて、かぶせて、歯を抜いたり、入れ歯やインプラントを入れたりしていました。天然の歯ほど優れたものはありません。ムシ歯になってしまえば人工物で修復するしかありません。その昔、歯を永く保たせる方法はただ一つ、歯医者の手を口の中に入れないこと。と言った人がいます。ある意味、的を得ていることばです。歯医者に通っても、通っても歳を取るたびに歯が悪くなるということがそのことを物語っています。自分の大切な歯をこれから永く守っていくために本当に必要なことは何なのか、今のままでいいのか、今年こそはそのことを一人一人が真剣に考える年にしたいものです。充実した健康生活(クオリティー・オブ・ライフ)を送るために。
ホーカベ歯科クリニック   波々伯部重俊



投稿者 ホーカベ歯科クリニック

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
問い合わせ電話番号:0561-54-5152