歯科医療の進むべき道とは?

2015年2月23日 月曜日

「プラーク・コントロール」の重要性(歯を健康に美しく保つために)

「歯を健康に美しく保つために」・・・プラーク・コントロール(セルフケア) の重要性。

歯周病やムシ歯の原因はプラークです。プラークとは細菌の塊で、ネバネバしていて無色透明で、水に溶けません。ですから、水や洗口剤でいくら口をゆすいでもとれないものです。
① 細菌は12時間から24時間で歯ブラシなどが届きにくい所に多く繁殖しプラークを形成します、細菌が生成する酸によって歯を溶かしてムシ歯をつくり、また生成された毒素により歯肉の腫れと出血を起こし歯周病をつくります。
細菌の死んでしまったものが唾液中のカルシユムと結合し歯石となります。
これらのプラーク(細菌)を除去するために大切なことは磨く回数ではなく確実にプラークを落とす技術です。一人一人に適した正しいプラークを取る技術です。その技術は単なる歯ブラシの動かし方を言うのではありません。プラークが付いている場所の視認(染め出し)と、プラークが取れたという結果(染め出し)に裏付けされた習慣的でなおかつ有効的なものでなければなりません。そのことを診療システムの中心に位置づけて真剣に教えてくれる指導者(インストラクター)がいる歯科医院で教えてもらうことが必要です。歯を永く健康に美しく保つための基本となり、治療以上に大切なことだからです。
② プラーク・コントロールは歯ブラシやデンタルフロスを使ってプラークを
とる(直接的プラーク・コントロール)だけではありません。
・ 唾液の働きを良くする(よく噛んで唾液を出す、唾液が出にくくなる薬の副作用や、口腔乾燥症への対応)・・口腔 の自浄作用を良くする。
・ 食品の性質(生野菜、リンゴなどを進んで食べる)・・食品の自浄作用の利用
・ 砂糖の制限または代替甘味料の利用。
・ 定期的な専門家による歯の清掃や、機械的クリーニング
・ 科学的清掃(パーフェクトペリオ殺菌機能水によるうがい、フッ素入り 
  ジェルなどの使用)などのように(間接的プラーク・コントロール)も大事です。
プラーク・コントロール(ブラッシング&フロッシング)をする時間帯は、時間がとれるときならいつでもいいのですが、就寝前が一番よいでしょう。朝、昼はエチケット的な簡単なブラッシングで十分です。今からでも遅くありません。若さのシンボルである大切な歯を健康に保つために、正しいプラーク・コントロールの技術を習ってみてはいかがですか。
ホーカベ歯科クリニック  歯科医師 波々伯部重俊

投稿者 ホーカベ歯科クリニック

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
問い合わせ電話番号:0561-54-5152