よくある質問

2015年7月10日 金曜日

50歳、60歳代の歯の健康を守る方法は・・・

今の50歳〜60際代の人が考えている望ましい生き方に対する最近の意識調査によると・・。

1)健康でいたい。
2)知的好奇心を持って心を豊かにしたい。
3)自分のためにお金や時間を投資する。
4)社会とのつながりの中で、自分の経験や知識を生かしたい。

という結果が出ています。つまりQOL(クオリティーオブライフを中心に考えている人が増えているのです。
寿命の長さ(量)ではなく、寿命の質(クオリティー)を重要視するようになってきたのです。

今や明治、大正生まれの人が少なくなり、戦後の物の豊かになった時代を経験して年を重ねているので
、昔の"老いる"という考え方とはまったくちがった老後を考えるようになってきました
社会もそれに合わせてあらゆる業界などがこれまでの若者中心からミドル、熟年者中心に企画変更を
せざるを得ない時代になっているのです。

日本でも人間の真の豊かさとは何かが論じられるようになってから久しいのですが、、
どんな時代になっても「健康」を否定する人はいません。

さて日本では昔からは年をとるとともに悪くなるものという間違った考えがありました。
今でも歯が悪くなるのは年齢(とし)のせいだと思ってあきらめている人が少なくありません。
でもそんなことは決してないのです。それは嘘です。
いくつになっても口の中がさわやかで、楽しい快適な食事や、自信のある若々しい笑顔でいることは
夢などではないのです。しかしそうなるためには自分自身の変革が必要です。

これまでの直ぐ削る直ぐつめる直ぐかぶせる、直ぐ神経をとるという"歯医者まかせ""直ぐ治療"から自分にとって今何がベストかを考える"直ぐ予防(ケア)"へと考え方を変える必要があります。

そして、自分が望ましいと考える歯や口のあるべき姿を想像します。次にそのためにはどうすべきかを考える
そしてすべきことをひとつひとつ行っていく。これがその秘訣であり、変革の姿です。
最近のテレビアンケートでも歯をどう治療していくかではなく、歯をどう守っていくかを真剣に考えてくれてサポートしてくれる歯科医院の存在がクローズアップされてきました。本来歯科医や歯科医院の存在意義は国民市民の歯や口腔の健康をつくり守っていくことにあるということがようやく注目されるようになってきたと言っていいでしょう。
歯が無くなった後に入れるインプラントが最先端と言われた時代はもはや永くは続かない現実が見えてきたと言えるでしょう。歯は残してこそ価値があるのですから。
ホーカベ歯科クリニック  歯科医師 波々伯部重俊





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ホーカベ歯科クリニック

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
問い合わせ電話番号:0561-54-5152