歯科医療の進むべき道とは?

2015年8月 4日 火曜日

若々しく見える高齢者、その秘訣は!?

「見かけが若い人ほど長生きする」という最近の外国の論文があります。人間が加齢に伴い老化するのは避けて通ることは出来ません。しかし年齢は同じでも非常に若々しくその年齢には見えない人もいれば、歳よりずっと老けて見える人もいます。この違いは一体なんでしょうか。老化には「通常老化」「病的老化」があります。
一般的には、30歳を頂点として、生理機能が低下し始めます。「通常老化」とは老化の進み方が遅く、高齢になっても心身機能を高く保っていられる自然老化。「病的老化」とは運動不足や不規則な生活や健康管理がされていない等のさまざまな要因により、老化が急速にすすみ病気になりやすい状態をもっているということ。
老化は誰にでも必ず起こります、しかしその進行速度はさまざまで、その人がどのような生活を送って来たかということで、一人一人違うということです。
『見かけが若い人』の特徴は1)人の役に立っていることをしている2)人が喜んでくれるようなことをしている。3)1日1日をだらだらと過ごすのではなく計画性を持って行動している。4)毎日食事をしっかりとってよく味わって食べる習慣をもっている。5)知識や情報をどん欲に得ようとする気持ちや行動がある6)あらゆることにつけ「おかげさまで」という感謝の気持ちを常にもっている。などがあげられます(波々伯部)。
有名人で言えば、岸恵子さん82歳、草笛道子さんが81歳、三輪明宏さん80歳、加山雄三さん78歳、北大路欣也さん72歳、高橋英樹さん71歳、吉永小百合さん70歳、仲代達矢さん83歳などがその代表格でしょう。
地域の人の中にも歳を聞いてびっくりするようなお年寄りがテレビで紹介されることがよくあります。その人たちも「見かけが若い人」の特徴を見事に持っています。『見かけが若い人ほど長生きする』これはもっと調べてみる価値がありそうです。ホーカベ歯科クリニック(アンチエイジング歯科認定医) 波々伯部重俊




投稿者 ホーカベ歯科クリニック | 記事URL

2015年6月20日 土曜日

最先端アンチエイジング歯科の意味とは何?

歯科アンチエイジング(アンチエイジング歯科)とは人間が年齢を重ねる過程において口や歯そしてさまざまな口腔機能の病的老化を防止し咀嚼発語嚥下表情(顔貌)といったこれらの若さや自信の源となっている健康という価値を意識しそれらを永く持続させていくために行う歯科医療の高度な専門分野のひとつです。
そのために必要な専門カテゴリーは審美(歯や口元の美しさと若々しさ)矯正(歯並びや咬み合わせ)歯内治療(歯の中の重要な基本治療やムシ歯の治療)、歯周病(歯を永く守る基本)、修復補綴(若々しさを失わない美しさ)、咬み合わせ(顔貌の変化や姿勢に関係)などです。歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士、歯科助手、栄養士、各専門認定カウンセラーがひとつのチームとなってクライアント(患者さん)の治療や予防そしてさまざまなケアを行っていく機能的なシステムを持っていなければなりません。

誰もが歯科を受診したとき、その時の年齢が何歳であれ、そのとき行った治療が確かに歯の疾患を治癒に向かわせることが出来て、歯や歯肉の健康が確実に回復出来て、その人の口の中の健康的な問題、機能的な問題、そして審美的な問題が将来再発しないように考えて行われる予防治療ケアのすべてがすなわち「アンチエイジング歯科」なのです。唾液がどれくらい出るかで判定する唾液年齢を調べたり、舌の上の細菌の数で年齢を分けるなどまったく意味のないことです。それは雰囲気だけでアンチエイジング歯科と言っているにすぎません。アンチエイジング歯科とは人々の一生において歯を失わず、歯の健康を維持していくために必要なことを歯科医として日常当たり前に行う診療の中にいつも存在するべきものであるのです。しかし日本には残念ながらそうならない現実があるのも事実です。その結果、いつしか歯を失い、咬み合わせのバランスが変わり、咀嚼機能が衰え、高齢になれば全身的疾患で服用している薬の副作用である口渇(唾液が出にくくなる)のため口の中の細菌が増殖してムシ歯が進行し、また歯が悪くなるという繰り返しの結果、歯が喪失しインプラントをすすめられ、今度はインプラント周囲炎と口臭に悩まされます。日本の国民をそうさせないためには、日本の歯科医、歯科衛生士、歯科助手一人ひとりが来院するすべての患者さんに歯の健康の価値の尊さを啓蒙教育し歯科的健康の価値認識を上げていく努力とそれに必要な確かな予防や質の高い治療の実践を使命感をもってやり続けていくことしかありません。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士といった国家資格を有する歯科医療プロフェッションが使命感や責任感といった医療哲学を忘れてしまったらその国の国民は不幸な口にならざるを得なくなってしまうでしょう。アンチエイジング歯科は歯や口がその機能を失わず一生涯歯があることによって、噛める、話せる、笑える、口元に張りがある、若い、自信がある、自分が老けているとは感じないということを誰もが実感できるようにすることを目指します。その上においてより若々しくより美しく、より快適な歯や歯並びや咬み合わせになるように専門的な技術を通して行う専門性の高い総合アンチエイジング歯科の存在があるのです。
ホーカベ歯科クリニック    歯科医師  波々伯部重俊(日本歯科アンチエイジング学会認定医)
                            

投稿者 ホーカベ歯科クリニック | 記事URL

2015年2月23日 月曜日

「プラーク・コントロール」の重要性(歯を健康に美しく保つために)

「歯を健康に美しく保つために」・・・プラーク・コントロール(セルフケア) の重要性。

歯周病やムシ歯の原因はプラークです。プラークとは細菌の塊で、ネバネバしていて無色透明で、水に溶けません。ですから、水や洗口剤でいくら口をゆすいでもとれないものです。
① 細菌は12時間から24時間で歯ブラシなどが届きにくい所に多く繁殖しプラークを形成します、細菌が生成する酸によって歯を溶かしてムシ歯をつくり、また生成された毒素により歯肉の腫れと出血を起こし歯周病をつくります。
細菌の死んでしまったものが唾液中のカルシユムと結合し歯石となります。
これらのプラーク(細菌)を除去するために大切なことは磨く回数ではなく確実にプラークを落とす技術です。一人一人に適した正しいプラークを取る技術です。その技術は単なる歯ブラシの動かし方を言うのではありません。プラークが付いている場所の視認(染め出し)と、プラークが取れたという結果(染め出し)に裏付けされた習慣的でなおかつ有効的なものでなければなりません。そのことを診療システムの中心に位置づけて真剣に教えてくれる指導者(インストラクター)がいる歯科医院で教えてもらうことが必要です。歯を永く健康に美しく保つための基本となり、治療以上に大切なことだからです。
② プラーク・コントロールは歯ブラシやデンタルフロスを使ってプラークを
とる(直接的プラーク・コントロール)だけではありません。
・ 唾液の働きを良くする(よく噛んで唾液を出す、唾液が出にくくなる薬の副作用や、口腔乾燥症への対応)・・口腔 の自浄作用を良くする。
・ 食品の性質(生野菜、リンゴなどを進んで食べる)・・食品の自浄作用の利用
・ 砂糖の制限または代替甘味料の利用。
・ 定期的な専門家による歯の清掃や、機械的クリーニング
・ 科学的清掃(パーフェクトペリオ殺菌機能水によるうがい、フッ素入り 
  ジェルなどの使用)などのように(間接的プラーク・コントロール)も大事です。
プラーク・コントロール(ブラッシング&フロッシング)をする時間帯は、時間がとれるときならいつでもいいのですが、就寝前が一番よいでしょう。朝、昼はエチケット的な簡単なブラッシングで十分です。今からでも遅くありません。若さのシンボルである大切な歯を健康に保つために、正しいプラーク・コントロールの技術を習ってみてはいかがですか。
ホーカベ歯科クリニック  歯科医師 波々伯部重俊

投稿者 ホーカベ歯科クリニック | 記事URL

2015年2月17日 火曜日

歯を一生保つことなんてできるんですか?予防歯科の神髄

1本の歯だって人間の"健康寿命"と同じく健康な歯のまま一生を送ることができたらどんなにいいか。そう考えたことはありませんか。それは夢などではありません。現実可能なことなのです。
----誰もが望むこと----
「魅力的で快適で、そして良く噛むことができ、一生自分の歯のままでありたい」というのは多くの人の願いでしょう。また一生を通じて医療費が経済的なことも望ましいことです。しかしどうすればそれが実現するのでしょう。

----健康な歯は永く持つ---
そのことを可能にするためには、将来に焦点を合わせた慎重な計画が欠かせません。そのためには、どんな目標に向かって行くべきかを最初にはっきりと決め、その上で治療計画を立てていくことが大事です。将来を見通さないその場しのぎの歯の治療をいくら繰り返しても歯を永く守ることはできません。大切なのは歯の健康を維持していくために何が必要なのかを初めから考え、それを治療計画の中に組み入れることです。歯の健康を考えない「ただやる治療」の繰り返しは、最後には歯を無くしてしまうことになり、もっとも不経済な結果になってしまいます。歯を残すことに使うお金と歯を無くした後のインプラントのようなものに使うお金と、どちらが有意義かは明らかです

---患者さんを知るために---(患者さんの望みや悩み、心配なこと、潜在的に不安に思っていることなどを知るために)

私たちがただちに歯の治療や診査をしないのを不思議に思われるかもしれません。それは、まず最初に充分な時間を
かけてよくお話をうかがうことが、今後の貴重な時間や費用をムダにしない最善の方法だと信じているからです(カウンセリング)。あなたの目標を共に確かめてから、お口の診査に入りましょう。

---私たちができる最も価値あるサービス、それは診断です---
検査、診断は医療の最も重要なステップの一つです。健康状態か、病的状態かの正しい判断、生涯健康な歯でいられるかどうかの可能性の把握、これらはのちのち、歯を喪失したり、ムダな治療費の出費をしないためにも欠かすことのできないものです。

そして、診断はひとり医師だけのものではなく、私たちと患者さん自身の目で行う、いわゆる「共同診査」が
きわめて重要です。なぜなら、患者さん自身が自分の歯や口の状態をどれだけ理解されているかが大切なことで、またそれがその人の歯の将来を計画するのに重要なステップだからです。

----予防作戦で健康な歯に---
私たちの最初の関心は、あなたの歯や歯ぐきの病気が進行しているかどうかということです。
ご存じないかもしれませんが、何度歯を磨こうと、ムシ歯や歯ぐきの病気は止めることができないのです。(それは
単に歯を磨いているからです)。しかし、一日一回本当に正しく手入れすれば、あなたの歯はその健康を維持することができるのです。(それは単に歯を磨くのとはちがう方法だからです。・・・今は不思議に思われるかもしれませんが。(予防プログラム)
私たちとともに、正しい手入れ法を身につけましょう(プラーク・コントロールセルフケア)
科学的な予防作戦で、一生涯自分の歯を守ることができるのです。
歯の治療の目標は「歯1本1本が健康になる」ということ(単に修復することではない)、そして「再治療の可能性が無いようにすること」が大事なのです。そのうえにたって咬み合わせや咀嚼、歯並び、美しさを改善、回復します。

私たちの目指す目標は、健康で快適な歯や口の実現と、その一生にわたる維持です。
この望みのすべてを達成するには、いくぶん時間がかかるかもしれませんが、あらかじめ計画された治療方針にしたがって各自が自己の分担を果たしていけば、一生涯歯科的健康を維持し、快い協力関係がもてると思います。

ホーカベ歯科クリニックでは開業と同時に予防歯科をメインに取り入れ独自の医療進化をとげてきました。
歯でお悩みの多くの方々そして自分の大事な歯を一生涯守っていきたいと願う方々のために、すばらしい予防歯科の
実践をこれからもより発展し続けていきたいと思っています。  ホーカベ歯科クリニック  波々伯部重俊

投稿者 ホーカベ歯科クリニック | 記事URL

2015年2月10日 火曜日

日本人の歯に対する自信度調査によれば・・・

ある調査機関がおこなった日本人男女1500人(20代〜40代)を対象にした「歯に対する自信度調査」のアンケート結果です。
「歯の色、歯並びに対する自信度調査」
❖あまり自身がない。・・・・43.4%
❖ぜんぜん自信がない。・・・28.6%
❖まあまあ自信あり。・・・・25.0%
72%の人が自信がないと答えています。
「自信がない理由」
1.歯並びが悪いから・・・・・56.3%
2.歯の色が白くないから・・・55.7%
3.銀のかぶせものが見えるから。・27.1%
歯並びと歯の色に対して自信がないという人が多いという結果でした。
もう一つの調査結果があります。日本人の歯周病の罹患率が80%を超えているという事実。
今まさにクールジャパンの日本。外国からの訪問客が年間1300万人を超えました。これからもっと増え続けると予想されています。最近のテレビ番組でも外国人から見た日本の良さをアピールするテーマの内容が多く見られます。
しかし残念ながら、こと"歯"に関してはとてもクールとは言えません。もしも世界の「歯の良いランキング」「歯の美しいランキング」を調査したら、日本はいったい何番目に入るのでしょう。
上記の調査結果の原因にはいろいろな要素が考えられますが、一番考えなければならないのは唯一国民の歯の健康を担う専門家である歯科医であることは間違いないでしょう。国の政策のせいでも、保険のせいでも、ましてや国民のせいなどであるはずはありません。一人一人の歯科医が考えなければならない大きな問題といえるでしょう。
ホーカベ歯科クリニック  歯科医師 波々伯部重俊



投稿者 ホーカベ歯科クリニック | 記事URL

カレンダー

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
問い合わせ電話番号:0561-54-5152