審美歯科ブログ

2019年5月28日 火曜日

電動ブラシと歯間ブラシの落とし穴

最近の世相は「健康清潔志向」「ナイス腹筋志向」「人間ドック志向」などと言われています。このような時代を反映してか、歯ブラシなどのお口を清潔に保つための製品が次から次へと開発され、連日テレビやネットのコマーシャルをにぎわせています。一説によるとお口の臭い消し電動歯ブラシは製品が追いつかないほどの人気商品となっているようです。
あわただしい朝のひととき、電動歯ブラシを使った歯みがきは大変スピーディーで便利です。スイッチボタンを押して、あとはただ毛先を歯にあてるだけで歯みがきをしたような気分になることは事実でしょう。歯をみがくことが、毎日の儀式にすぎないならば、この方法も一つの方法といえなくもありません。
しかし、歯をみがくということは、歯の表面や歯と歯の間、歯と歯肉との境目のプラック(細菌のかたまり)を取り除いて、いつまでも健康なお口の状態を保つことにあります。そのためには、自分の手で、丹念に歯の汚れ(プラック)を取り除く方法にまさる手段はありません。一見、便利そうな電動歯ブラシも知らず知らずのうちに、歯を傷つけ、歯ぐきをいためてしまう場合すらあるのです。一瞬のうちにお口をさわやかにする口腔清涼剤や香料をふんだんに含んだ歯みがき剤や口臭消しも、電動歯ブラシと同じような"落とし穴"をもっています。それらを使えばたちまちにしてお口の中はスッキリとさわやかになり、歯の汚れもどこかにふっとんだような気分になってしまいます。その結果、歯の汚れ(プラック)・・病気のもと・・を取り除くという肝心の行為がおろそかになってしまうからです。
「歯を毎日みがいているのに、なぜムシ歯になってしまったのだろう?」「歯ぐきによいという歯みがき剤を使っているのに歯周病になってしまった・・・」などと嘆いている人たちのほとんどは、確かに、歯みがきはしているものの、その目的や方法、使用する器具が不適切だったことによる結果といえるでしょう。
最近の、便利さだけを追求した、お口の手入れ用品の中には、このような思わぬ"落とし穴"がまちうけているものもあるのです。
大事なのは、その人に合った歯磨き法(口の中の状態は人それぞれ皆違う))を歯ブラシとフロス(テープ)を使用して行うことです。しかしそれを正しく指導してくれる
歯科医院は大変少なく、不適当な歯磨き、不適当な歯間ブラシそして不適当な電動ブラシを教える歯科医院のなんと多いことか。
その結果本当のムシ歯の予防や、歯周病の予防と治療ができない人が増えることになるのです。一人一人が自分の大切な「歯」を守るために考えていただきたいのです。
ホーカベ歯科クリニック  歯科医師  波々伯部重俊



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ホーカベ歯科クリニック

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
問い合わせ電話番号:0561-54-5152